iCloudはすごく便利!…でも

iCloudの良い点と悪い点を書きたいと思います。

まずはiCloudって何?
簡単にいうとAppleによるサービスでiPhoneなどのデータを保存する仕組みです。

iCloudの確認
設定 > AppleID > iCloud、とタップします。
通常はすでに使える状態のはずですが、もしも、サインインを促される画面になったらAppleID登録時のメールアドレスとパスワードが必要になります。
iCloudがオンになっていると、同AppleIDでログインしている他のiPhoneやiPadも連絡先が同じになります。

iCloudの良い点は?
●バックアップが保存できる
万一、iPhoneが壊れても、iCloudに保存されたデータにより、新しいiPhoneに今まで使っていた連絡先や設定を復元できる!

自動バックアップの設定↓
iCloud設定画面にあるiCloudバックアップをタップします。
この画面の「iCloudバックアップ」がオンになっていれば自動バックアップが有効です。

下の「今すぐバックアップを作成」をタップすると手動バックアップができるので、iPhoneを入れ替える時などはこれを利用すれば良いです。

iCloud設定画面に戻って、写真、連絡先、LINEなど、保存したいデータ(APP)がオンになっているか確認します。

PCがなくても安心のバックアップ保存ができる、とても良いサービスです。

他にも、
●iPhoneをなくした時にネット上から探せる
●PCやMac、iPadとファイルの共有
●PCやMacで連絡先の編集やカレンダー管理
などがありますが、やはり最大の利点はバックアップだと思います。

iCloudの悪い点は?
●無料で使える容量が5GBしかない
●Wi-Fi環境がないと使えない
そして、通常は問題と考える方は少ないのかも知れませんが、写真屋として問題を感じるのは…
●iCloudに保存された写真の元データがiPhone本体には無い場合があるという事です。

まず5GBの容量ですが、写真をたくさん撮る人はすぐに超過します。
そして、iCloudに容量が足りなくなるとバックアップができなくなります。

こちらの対処法として、写真データはバックアップしないように設定する方法もあります。そうする事で連絡先などを部分的にバックアップします。

もう1つは、有料で容量を増やす事、50GB/月額130円、200GB/月額400円、2TB/月額1300円(税込2018年10月時)を支払うことによりさらなるバックアップ容量が得られます。

Wi-Fiについては、少し面倒ですが無料Wi-Fiスポットを利用すれば回避できます。

ちなみにPCやMacをお持ちでしたらiTunesを使うことでPCやMacにバックアップ保存できますし、Wi-Fiも必要ありません。

さて、問題の写真の元データがiPhone本体には無い点について
iCloud設定画面 > 写真 をタップすると下記画面になります。
「iCloud写真」がONになっているとiPhone本体に保存された写真が自動的にiCloudにも保存されます。

便利ですね、すごく便利なんですが落とし穴が…
上記画面のように「iPhoneのストレージを最適化」にチェックが入っていて、iPhoneの容量が足りなくなってくると、iPhone本体には画面表示に必要な分だけのデータが残り、元の高解像度データはiCloudだけにある状態になります。

※iCloudに元データあるからとiPhoneで写真を削除すると両方のデータが消えるので注意!

この元データのないiPhoneからはお店での写真プリントが受付できないのです。

お店での写真プリントができるようにするには「オリジナルをダウンロード」をタップしてiCloudからiPhoneに元の高解像度データを戻す必要があります。
ここでまた問題になるのがiPhoneの容量です。
容量が足りなくなってきたからこういう状態になっているのですから、ダウンロードしたくてもその場所(容量)がありません。
結果的にプリントできないという事になります。
有料でiCloudの容量を増やしている方も、それをiPhone本体にダウンロードできなければプリントできません。

特に大事な写真はプリントして残しておきたいものです。
当店では有料にてiCloudからのダウンロード代行も承っております。
(AppleIDとパスワードを教えて頂く必要があります)
詳しくはお問い合わせくださいませ。