ハトメ加工がキレイに出来ずに苦労しました

当店では大判プリントも扱っておりますが、今回はそれをバナースタンドに設置するためのハトメ加工の話をします。

ちなみにバナースタンドとはこちら…店頭広告などに使用するための物。(全体写真は裏側から写しています)

矢印部分のハトメ加工した四隅を軽く伸ばすように張るので、シワやヨレなくプリントを飾れるのが良い所。
しかし、カベやガラスに貼るのならテープも可能というお手軽さに比べ、バナースタンドだとハトメ加工が必要なんです。

ちなみに、このバナースタンドには10mm以上のハトメが必要と記載があります。

まずは、お試し&お安く作りたいといった理由でダイソーで道具を購入。
穴あけポンチ(あいにく10mmが無かったので8mm用)、加工用ポンチ(10mm用)、ハトメ玉(10mm、25組入)の3点で300円です。

価格は素晴らしいのですが仕上がりは…何度やっても潰れる部分がありキレイにできません。

それならとホームセンターで1000円程の加工用ポンチを購入。こちらは穴あけポンチとハトメ玉も一式セットで入っています。

結果は、やはり潰れる部分がありキレイにできません。

試しにホームセンターの加工用ポンチとダイソーのハトメ玉、ダイソーの加工用ポンチとホームセンターのハトメ玉、と組み合わせを変えてやってみるもやはりダメ。
挫折感が押しよせます…

製品説明を見ると、どうやらブルーシートに使うのをメインに想定しているよう。
それならこの品質で充分という事かも…
しかし、広告バナースタンドに使うならもう少しキレイに仕上げたい…

次に目を付けたのが革製品加工用のハトメ加工道具、でもこれがお高いのです。
加工用ポンチ2000円程、ハトメ玉が300円程(10組入)、とダイソーと比較すると雲泥の差。
しかも10mmサイズは無く、近いサイズは9mm…バナースタンドを測ってみるとギリギリいけそうだが…
ここまできたらキレイに仕上げないと納得できないので購入。

結果はこちら。

やっと満足いくものとなりました。
左(ダイソー商品)と中(ホームセンター商品)では均一につぶれず、めくれるように曲がった仕上がりになっていたのが、皮加工用のハトメではそういった事がなく、キレイな仕上がりになっています。

これはハトメ玉材質の違い(ダイソーとホームセンター商品はアルミ製でやわらかく、皮加工用は真鍮製でそれよりかため)や私の技術の問題もあるかも知れませんが…今後、皮加工用のハトメを使う予定です。

それともう一つ、最初は穴あけポンチを打って穴を開けていましたが、紙は薄いのでなかなか切れずに穴を開けづらいです。
そこで文房具の紙用パンチ(500円程)を買いました。

思ったよりも苦労しましたが、革製品加工用ポンチと紙用パンチによってポスターへのハトメ加工がストレスなく出来るようになりました。

領収証の印刷、完全オリジナルで承ります

当店では複写領収証の名入れ印刷を承っており、1冊50組で4冊から作成できます。

こちらは最近作成したもので、会社名、ロゴ、角印を入れた複写タイプの領収証です。

ご要望に合わせて金額欄や内訳蘭もオリジナル制作しています。

ちなみに、背景が印刷されたものに会社名(店名)を入れる制作方法の既製品タイプの領収証印刷も承ります。

既製品タイプもデザイン豊富にございます。

この他にも単式タイプの領収証、3枚複写、4枚複写、納品書、各種伝票、ご希望のサイズで作成、ナンバリング、等々、何でもお気軽にご相談くださいませ。

メガネ&補聴器「光和眼鏡」様のホームページ制作をしました

当店ではWEBサイト制作と維持管理も承っております。
今回、千葉県市原市光風台にあるメガネ&補聴器の「光和眼鏡」様のホームページを作らせて頂きましたのでご紹介します。

商品ページへのリンク、Q&A、スタッフ紹介など動きのあるWEBサイトになっています。
チラシ広告をホームページにも掲載したいとのご希望もあり、その都度の更新作業も当店で承りました。

トップページ画像はお店の外観と内装(商品陳列壁)を組み合わせて作りました。
商品の写真は提供して頂きましたが、ロゴや背景の画像なども当店で作っています。

ぜひ下記画像をクリックしてご覧ください。

これは打ち合わせに伺った時の話ですが……
お客さんが入ってきて、私と話していた光和眼鏡の中山さんが対応したんです。

何やらメガネに不具合があることを説明するお客さん。
少し見せてくださいと3分程の作業後、クリーナーを使ってキレイにしてから返す中山さん。
丁寧な対応だな~と思ってると…

もう直ったらしく…すごく良くなりました!いくらですか?とお客さん。
無料ですと中山さん。
え!良いんですか!?と驚き、帰っていくお客さん。

あのお客さんはきっとこのお店のファンになるだろうなと思いました。

当店の顧客である光和眼鏡さんを褒めても信頼できませんか?
いやいやホントに頼りになる事間違いないと思います!
お近くの方でメガネと補聴器をお考えならぜひ行ってみてください。

封筒への名入れ印刷や宛名印刷、少部数&スピード仕上

封筒に差出人を印刷する「封筒名入れ印刷」があります。
通常、長4や長3封筒は1,000枚単位で承ることが多いですが、それでは多すぎるというケースも多いものです。

当店では1枚から、しかも当日スピード仕上げのご希望も承れます。

急がないけど数は100枚もあれば良いというお客様。
この場合は封筒本体と印刷代を合わせて100枚で1,615円(税別)から承っております。
(初回のご注文は版下料金が必要です)
サイズや封筒色によって料金が変わりますし、数が増えれば単価は下がります。

それと、当店ではハガキ宛名印刷と同様に封筒への宛名印刷サービスもございますので、宛名もキレイな印字で差し出したい、量が多くて手書きするのが大変な場合などにおススメです。

結婚式の案内状を出すのにお気に入りの封筒はもう用意したので印刷だけ頼みたい!……といった持込注文も可能。
持込の場合は(位置決めや失敗があるため)仕上予定数量より持込封筒を10枚程多くご用意ください。

各種サイズや封筒色もご用意できます。
お気軽にお問い合わせください。

iPadで自炊データを読むアプリなら「SideBooks」

今回は自炊データをタブレットで読む(見る)ためのアプリを紹介します。

使用するタブレットは9.7インチのiPad。
iPadには標準で電子書籍リーダー「iBooks」が付属していますが、残念なことに右開き左開きを指定できません。日本語のタテ書き文章を読む時にちょっとしたストレスを感じます。

そこでおススメするのが「SideBooks」というアプリ。
なにより無料ですし、右開き左開き指定ができ、他の機能も豊富、動作も軽くて良いです。
AppStoreで「書籍リーダー」と検索すると見つけられますので、そこからインストールしてください。

PCにある自炊データをiPadに入れるには「iTunes」を使います。

PCに「iTunes」をインストール(無料)した上でiPadをUSB接続すると自動で「iTunes」が起動。
iPadに「このPCを信頼しますか?」という表示が出ますので「信頼する」をタップ。

「iTunes」の左上にタブレットのアイコンが出現するのでこれをクリック。

ここでPCからiPadにデータをコピーできます。
ファイル共有をクリック。SideBooksをクリック。ファイルを追加をクリックしてデータを指定(ドラッグ&ドロップも可)

これでiPadで読書可能になりました。
早速、SideBooksを起動するとホーム画面(本棚)になります。

下部にある設定をタップすると読む方向という項目があり、右開き左開き指定ができます。
これでストレスなく日本語の文章が読めるようになりました!

さらに、おススメの機能に余白設定があります。
本棚にある本を長押しするとアイテム設定画面になります。その中の余白設定をタップすると、どのくらい余白をなくすかが簡単に設定できます。これで必要のない余白表示が無くなり文字も大きく読めます。
ちなみに、こちらで個別に右開き左開きを設定する事も可能です。

あともう一つ、寝る前に布団で読むときにおススメの設定です。
個人的な好みもありますが、黒文字と紙の白を反転表示の設定をすると眩しくないですよ。
iPad > 設定 > 一般 > アクセシビリティ > ディスプレイ調整 > 色を反転 > 反転(スマート)をクリック。
マンガには向かないかも知れませんが文章には良いです。