kazuno_logo

写真&印刷&はんこ、千葉県富里市にあるお店【kazuno】です
スタジオ撮影・デジタルプリント・名刺・封筒・スタンプ・他

トップ > 印刷事業 > はがき印刷 > 喪中はがき

喪中はがき(年賀欠礼はがき)印刷

喪中ハガキとは、自分にとって大切な人が死去したために喪に服している、悲しみが深くお祝い事をする気分ではないので新年のご挨拶をしません(年賀状を出しません)がご理解くださいという意味合いの挨拶状です。

同時に年賀状をくださる側から見ても、出した後で知った場合、おめでとうございますと新年の挨拶をしてしまったと気に病む方もいらっしゃいます。
そのような事の無いよう事前に喪中はがきを出します。
ちなみに、喪中である事を相手が知っていたとしても年賀状のやり取りがある相手でしたら喪中はがきを出した方が良いでしょう。

喪中はがきを出せなかった場合や出していない方から年賀状を頂いた場合は、松の内があけてから「寒中見舞いはがき」を出すと良いと思います。

スピード仕上げ宛名印刷も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

喪中はがきを送るべき親族の範囲は?

一般的に喪中となるのはご本人から二親等までの親族に不幸があった場合です。
三、四親等でも同居の家族でしたら喪中はがきを出した方が良いとされています。

喪中はがきを送るべき時期は?

相手が年賀状の準備をする前に届く必要があります。
10月下旬~11月~12月中旬までに出すのが良いと思います。

喪中はがきの内容は?

文章は当店で用意してございます。
続柄、名前、年齢、年月日など全てを明記する決まりはございませんが、少なくても誰が亡くなったのか分かるようにした方が良いでしょう。
ご希望によりオリジナル文章での作成も可能です。
書体も選択可能です。
背景デザインも選択可能です。

はがきの種類や切手は?

官製はがきと私製はがきがございます。
官製はがきとは切手を貼らずにそのままポストに出せるタイプのはがきです。
切手を貼る手間がいらないので早く出したい場合はこちらがおススメです。
切手部分は胡蝶蘭のデザインです。

私製はがきとは別途用意した切手を貼るタイプのはがきです。
宛名の書き間違いや予備分などのロスを少なくしたい場合はこちらがおススメです。
使用する切手は弔事用の切手(花文様)を使うと良いです。


スピード仕上げ宛名印刷も承っておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ページのトップへ戻る